ハゲでも使えるWindows

Q&Aサイトに文章だけで(たまには画像付きで)回答するとしたら…っていうBLOGです。間違いがあったら教えて下さい。
おやぢ

プロフィール

好きな色:濃いめの白

 

えええい、腹の立つ

えええい、腹の立つ

20171116.png

ほぼ必ず絶対に間違いなくどこかの変数の綴りを間違えただけのくそったれケアレスミス。
その都度
Option Explicit
を削除してからもう一回走らせると、

20171117.png


こんなエラー表示を吐いて変数の綴りが間違ってる行が反転してくれるから、なんとか修正はできるけどさ。
めんどくさくてかなわん。


今回はこれが原因。
Set addSheet = Worksheets.Add(After:=Sheets(Sheet.Count))
正しくは
Set addSheet = Worksheets.Add(After:=Sheets(Sheets.Count))
って書くべきだったってやつ。
たったこれだけなんだけど。

Guide
 
 

こいつぁ知らなんだ

こいつぁ知らなんだ




(ノ*゚▽゚)ノ ウォォォォォン

Guide
 
 

ワガママなんだろうけどさ

ワガママなんだろうけどさ

VBEってキーワードやコメントの文字色と背景色を変更することができるんだけどさ、

17uj8i.png

もうちょっとその機能を拡張してユーザーが設定した変数だけ色を変えることができるようにしてくれないかなぁ。
自分で書いたコードのはずなのに半年も経ったらなにがなんだかわからなくなってけつかるw



Guide
 
 

JaneStyle4.0.0 で 不具合の元でしかない広告を非表示にしてみた

JaneStyle4.0.0 で 不具合の元でしかない広告を非表示にしてみた

無題1

まあとにかく起動してから操作できるようになるまで2秒も3秒もかかるし、時々ウインドウ内が真っ白なままフリーズしてくれるので、広告を非表示にすることにしました。
バイナリエディタを用いてソースを改変します。
とうぜん自己責任になりますし、きちんとバックアップをとってから行った方がいいでしょう。
3.8xの頃と手順は同じ、書き換える場所がちょっと違うだけです。


まずバイナリエディタStirlingをダウンロード
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se079072.html

適当なフォルダにstir131.lzhファイルを解凍します。
Creators Updateをしたらlzhファイルの解凍ができなくなったっていうんなら
インストール不要の万能解凍ソフトextractnow あたりを導入しましょう。

解凍します。
無題2

で、解凍後にStirling.exeをダブルクリックなどで起動します。

Jane Style本体の 「Jane2ch.exe」をドラッグ&ドロップするか、Stirlingの「ファイル」→「開く」から「Jane2ch.exe」までをたどって、「開く」ボタンをクリックします。
メニューの「検索・移動」→「検索」とたどります。

無1


どうやらどのバージョンも
「FF 83 F8 03 72」 と続いているデータの「72」の部分を「EB]に書き換えるようなので、
FF 83 F8 03 72 を検索します。
無2
こんな感じ。

書き換えは、ヒットした文字列の最後の「72」にカーソルを移したらそのまま「EB」と入力します。
DeleteキーとかBackSpaceキーを使うと目の前の英数字の羅列がパラパラと変化して、余計なところを変更してしまったんじゃなかろうかと不安になるので止した方がいいでしょう。

変更したら「×」ボタンでStirlingを閉じます。
閉じるときにJane2ch.exe への変更を保存するかどうかを問われます。もちろん「はい」を選択して終了させます。

これで広告が非表示になるはずです。



これ、変更後の画像。あんまり役に立たないかも知れないけど。

無題








Guide
 
 

Windows8以降は起動音が鳴らなくてさみしい

Windows8以降は起動音が鳴らなくてさみしい

WindowsVistaでもWindows7でも音が鳴ってから起動してたのに、Windows8以降はただ立ち上がるだけ。
なんかさみしいんですが。

~テンプレ~
Vistaや7とまったく同じ音のみ再生可能です。
通知領域にあるスピーカーアイコンを右クリック→「サウンド」を選択します。

345ew.png

このダイアログで「Windowsスタートアップのサウンドを再生する」にチェックを入れれば、次回起動時からWindowsVistaやWindows7と同じ音が鳴ります。
で、Vistaや7と同様、この音はWAVファイルなどのように置き換えることができるものではなく、DLLに埋め込まれた形のものなので、別のサウンドに変更することはできません。
レジストリで「ExcludeFromCPL」エントリを作成すると上記のダイアログ中に「WindowsLogon」という項目が作成はされますが、音源ファイルを設定しても無視されます。
WindowsXPの頃に山のように集めたテーマファイルからファイナルファンタジーのオープニングを探し出してWindows8やWindows10に設定しようとしても無駄になりますよちくしょうめ。


Guide
 
 

Creators Update、導入したらそんなに変わらなかった

Creators Update、導入したらそんなに変わらなかった

■Windows 10 Creators Update (RS2) の 不具合・トラブル・注意事項
https://freesoft.tvbok.com/win10/problems/trouble_shoot_list_creators_update.html#a03
によれば、Creators Update を導入することで
> ユーザーが設定・登録した右クリックメニュー
> 画像、html文書、音声、動画ファイルなどの関連付け
これらが初期化されてしまうというのが導入を躊躇してた主な点でした。

無題

レジストリにエントリを加筆して作ったのが赤い矢印。
アプリケーションをインストールすることで書き加えられる項目も「ユーザーが設定・登録した」に相当するなら青い矢印も含まれることになります。
いちいち登録し直すのも面倒だと思ってたんですが……

Updateの結果まったく変更されてませんでした。
得に動作が重くなったような様子もありません。
ペイントもペイント3Dに変更されてしまっているわけじゃないし、スタートボタン右クリックメニューから消えたコマンドプロンプトも以前の場所に現れるようにするのはカンタンだし、同じくコントロールパネルはWindows95の頃とまったく同じで「デスクトップ」フォルダに存在してるからそれを「スタートにピン留め」するなどで対処すればいいし、ってことで私の使い方なら特別なデメリットはなさそうです。
だったらもっと早く導入しとけばよかったかな。




そうそう。
「コントロールパネルがあるデスクトップってどこ?」って聞かれたので…
何でもいいのでWindowsエクスプローラでフォルダやドライブを開きます。
左上にある「↑」ボタンを連打します。行き着くところまで連打します。
すると、こんな画面になるはずです。

vfr45t.png


ね。あるでしょ。










Guide
 
 

通知領域のMicrosoft Office アップロードセンターってなに?邪魔。

通知領域のMicrosoft Office アップロードセンターってなに?邪魔。



> ドキュメントを OneDrive に保存する場合は、 Office ドキュメントキャッシュに
> ファイルが保存された後でアップロードが開始されます。 OneDrive のドキュメントを
> 開いているときにネットワーク接続に障害が発生した場合でも、ドキュメントを
> 上書き保存すればドキュメントがキャッシュに保存され、
> ネットワーク接続が可能になったとき自動的にアップロードされます。

そりゃまあ便利なんでしょうけど、あたしはOneDrive使わないんです。
ネットワークに接続していないときに上書き保存すると、タスクバーに「アップロード保留中」と表示されるのがイヤです。
知らないところで外部とやりとりするのが気に入りません。
この機能をオフにするとか削除するなんてことはできませんか。

~テンプレ~

Office2010からの機能で、ファイルを「上書き保存」するたびに、Officeはそのローカルコピーをシステムに保存するのと同時に、OneDriveにもアップロードしようとする機能です。
アップロード途中で接続が切れても、次に接続が復旧されればアップロードセンターがコピーを自動で更新してくれます。同期エラーが起きたときの通知もアップロードセンターがしてくれます。

段階的に機能をオフにしてみます。
■アップロードセンターが仕事するのはいいから通知領域にでてくんな
スタートメニューやスタートボタン経由で「Microsoft Office アップロードセンター」を起動したり、通知領域のアイコンを右クリック→「設定」を選択してアップロードセンターのウィンドウを開きます。
Office 2010:、Microsoft Office→Microsoft Office 2010ツール→Microsoft Office 2010アップロードセンター
Office 2013:、Microsoft Office 2013→Office 2013ツール→Office 2013アップロードセンター
Office 2016:、Microsoft Office 2016ツール→Office 2016アップロードセンター


17u8i.png

上部中央にある「設定」アイコン→「通知領域にアイコンを表示する」のチェックを外せば通知領域からアイコンは消え去ります。


■起動すらすんな
Office2010
Windows7ならWindows+Rで起動する「ファイル名を指定して実行」で「MSConfig」と入力し、「スタートアップ」タブで、「MSOSYNC」という項目を探して無効化。
Windows8.1以降ならCtrl+Shift+Escで開くタスクマネージャの「スタートアップ」タブから作業します。

※Windows7+Office2010の場合のみらしいけどレジストリ設定
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run
の「OfficeSyncProcess」の値を削除してログオンしなおせばアップロードセンターが起動しないそうです。

Office2013
「ファイル名を指定して実行」で「Taskschd.msc」を実行します。タスクスケジューラが起動します。
[コントロール パネル] →[システムとメンテナンス] →[タスク スケジューラ] /[コントロール パネル] →[システムとセキュリティ] →[管理ツール]→[タスク スケジューラ] でもOKです。
左ペインから「タスクスケジューラライブラリ」を探して選択します。中央に表示されるメニューに「Microsoft Office 15 Sync Maintenance for(ユーザー名)」があるはずですので、右クリック→「無効」とします。

Office2016
よく知らない。
とりあえず起動中のWindowsのタスクマネージャで「msosync.exe」のプロセスを終了させればアップロードセンターは黙り込みます。
…ということは、Officeがインストールされたフォルダ内の「msosync.exe」を別の名前にリネームしてしまえば二度と起動することはないでしょうけどたぶん作業途中でエラーを吐き出すはずなのでオススメしません。
そうそう。
MicrosoftはOfficeの機能の説明でしょっちゅう「サーバーにアップロード」というような表現をしますが、このサーバーってOneDriveのことです。そんなたいそうな名称で呼ばなくてもいいのに。
で、このOneDriveの設定を変更すれば実質アップロードセンターが動作しなくなることになります。
通知領域のOneDriveアイコンを右クリックし、「設定」を選択します。「Office」タブに、「Officeを使用してOfficeファイルを同期する」と「Office 2016 を使用して開いている Office ファイルを同期する」の設定項目があるはずですので、両方ともチェックを外すことでアップロードセンターが動作しないようになります。


共有されたドキュメントで他のユーザーと同時に作業できるのはいろいろ便利なシーンもあるでしょうけど、職場のセキュリティ上は好ましくない気がしますね。
これらを管理する方法もめんどくさそうです。


Guide
 
 

OneDriveの設定「OneDriveを使ってこのPC上のファイルにアクセスする」ってなにさ?

OneDriveの設定「OneDriveを使ってこのPC上のファイルにアクセスする」ってなにさ?

通知領域の OneDrive アイコンを右クリック→[設定] とたどります。
[設定] タブの [全般] で、[OneDrive を使ってこの PC 上のファイルにアクセスする] という項目があり、デフォルトでチェックは入っていない状態なんですが、これって何をするための項目なんでしょうか。
すぐ下の「詳細情報」という文字列をクリックしても、なにがなんやらさっぱりわからない解説ページが開くだけです。

17uj8i_201711151043049b9.png


~テンプレ~

オソロシイ機能です。
●自宅のPCや仕事場のPCに WEB からアクセスする OneDrive
https://matome.naver.jp/odai/2135904677806454401

実はそのなにが「なんやらさっぱりわからない解説ページ」のはじめにちょろっと書いてあるんです。
>OneDrive デスクトップ アプリが PC にインストールされている場合は、
>ファイルの取得機能を使って、OneDrive Web サイトで別の PC から
>その PC 上のすべてのファイルにアクセスできます。
別の言い方すると、このチェックをオンにすると、OneDriveフォルダではなく、そのパソコンのすべてのフォルダ内のファイルにアクセスする権限を得られるということです。

セキュリティがしっかりした部屋にパソコンを置き、パソコンには絶対に破られないパスワードでサインインし、使用するときはカタトキもパソコンから離れず、肩越しにパスワード入力操作を覗かれたりしないような使い方ができない限り、オンにするべきじゃないと考えます。



これ、職場でファイルは外部に持ち出しちゃならんとかいう既定があったとしても、このチェックをオンにすれば外部からいくらでもアクセス可能になっちゃうよねぇ……
いや、実際チェックを入れて試してないんだけどさ。


Guide
 
 

Windows10のシステムフォントが気に入らない

Windows10のシステムフォントが気に入らない

Windows10のシステムフォントは「Yu Gothic UI」っていうんだそうです。
そういえばExcel2016のデフォルトのフォントは「MS Pゴシック」から「游ゴシック」に変わっていました。
ちょっと線が細い感じがしますが、読みやすいと思ってました。

が!
この線の細さがWindows7/8.1デフォルトの「Meiryo UI」と比べるとなんかぼんやりした感じに映っちゃうんですね。
一回り小さいかも。
なのでそれを一撃で変更してしまおうっていうフリーソフトがこれです。

■Windows10 フォントが汚いので一発変更!
https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/win10fontchg/
これをアプリケーションの名前にするあたり、よっぽど腹に据えかねるモノがあったんでしょうか。

こちらの画像なんかも参考に。
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/serial/win10to7/755807.html


Guide
 
 

ブログのデザインを変更したはずなのに、アクセスしたらもとのまんま

ブログのデザインを変更したはずなのに、アクセスしたらもとのまんま

ブログのハロウィン向けのかわいいテンプレートを見つけたので適用してみましたが、いざ自分のブログにアクセスしたらそのテンプレートが反映されたおらず、以前のままのページが表示されました。
設定ページでは確かにハロウィンテンプレートが適用されている表示になっているのになぜなんでしょう。

~テンプレ~

おそらくお使いのブラウザが以前のテンプレートの頃に取得したキャッシュを読みに行ってます。
「キャッシュ」は1度開いたWebページのデータを保存しておき、次に同じページを開くときにその保存されたものを読み込むことで迅速にページを表示してくれる仕組み(もしくはその仕組みで保存されたホノ)のことです。
ローカル(つまりあなたのパソコン)に保存されているキャッシュを削除すれば、改めてサーバーにデータを読みに行くので設定されたページ内容に更新されるはずです。

で、そのキャッシュの削除法ですが、ブラウザによって変わりますが、たいていのブラウザではCtrl+Shift+Deleteでキャッシュの削除ができる画面が開きます。

Chromeでは
8i8i7upng.png


Internet Explorerだとこんな感じ
8i8ii8upng.png
こちらも参考にどうぞ。

鳴り物入りでWindows10に導入されたMicrosoft Edgeだと
8i8i9upng.png

しかしおぢさんがしつこく使ってるSleipnirの6だと、Ctrl+Shift+Deleteでは削除画面は開かず、
「ファイル」→「個人情報の削除」からたどります。
8i8i99g.png
※Sleipnirのバージョンによって表示内容は多少変わります)

かし!
GoogleChromeではこれだけでは最新のページを表示させることができないっつー不具合があるようです。
そんなときは「スーパーリロード」と呼ばれるワザを使います。
表示が古いままになってしまっているページ上で右クリック→メニューから「検証」」(または「要素を検証」)を選択します。Ctrl+Shift+IでもOKです。
Chromeのウインドウの右側にいろいろと開きますが、それは無視してウィンドウ左上のページの更新ボタンを右クリックします(←クリック長押しでもOKです)。
するとこんな表示がポップアップされます。
7uju8.png
ここで「キャッシュの消去とハード再読み込み」を選択することでそのページのキャッシュが削除され、最新データが読み込まれます。




Guide
 

Menu

画像Clickで記事ページ

検索フォーム

キーワードで記事を検索

 

PDF変換


複合検索

タブメニュー

コメント トラバ リンク

最近の記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ここから先はちょっとお遊び

Windows 8完全制覇パーフェクト

新品価格
¥2,919から
(2013/7/15 22:45時点)

■検索文字/URL

■検索先


Powered by Colors

複合検索