FC2ブログ
 

NetBEUIプロトコルのインストール

NetBEUIプロトコルのインストール

WindowsXPになると、TCP/IPが標準のプロトコルとなり、従来のNEtBEUIは古いプロトコルと認識されて、初期状態では導入すらされていません。
拡張性がないといえばそれまでですが、従来からある小規模なネットワーク内では、TCP/IPを追加することが困難な環境もありますし、単純なNetBEUIで十分使用に耐える環境もあります。
XPでもNetBEUIを使える方法があるらしいので教えて下さい。

~テンプレ~
WindowsXPのインストールメディアをセットし、エクスプローラでCD-ROMの「VALUEAD\MSFT\NETBEUI」フォルダを開きます。
中にあるNBF.SYSを「%Systemroot%\System32\Drivers」フォルダにコピーします。
NETNBF.INFを「%Systemroot%\inf」フォルダにコピーします。
コントロールパネルから「ネットワーク接続」→「ローカルエリア接続」→「プロトコル」→「追加」→「NetBEUIプロトコル」を選択して「OK」ボタンを押下します。
インストールが完了したら「閉じる」ボタンを押下します。

ただし、メーカー製パソコンの場合はちょっと勝手が違います。
上記のようにNetBEUIを追加インストールするためには、WindowsXPのインストールメディアの中のValueaddフォルダが必要なんですが、XPプリインストールモデルの中には、この種のCD-ROMが付属せず、ハードディスク上にもValueaddフォルダが存在しない場合があります。マイクロソフトのWindows XP OPK版(プリインストール用の原盤となるもの)にこのフォルダが導入されないからです。メーカーの中には意図してVlueaddフォルダを加えてインストールしてくれているところもあるかもしれませんが、それ以外の所ではインストールをあきらめなくてはなりません。

関連記事
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索