Windows7のライブラリ機能

Windows7のライブラリ機能

役立たずだと思ってたけど、対象のフォルダの参照はインデックス機能を用いて行われているため、ネットワーク上の共有フォルダをライブラリに加えた場合のパフォーマンスダウンがほとんど感じられないので、社内ネットワーク上のファイル/フォルダとしょっちゅう情報をやりとりするという使い方をしているなら、このライブラリ機能を応用するといいかも。

ところで、Windows7のインデックス情報は初期状態でユーザープロファイルフォルダ以下のフォルダのほとんどがインデックス作成の対象になってしまってます。
各ユーザーのスタートメニューやパブリックのスタートメニュー、ユーザーフォルダの大半、オフラインファイルまでもがインデックスの対象として登録されます。
ってか除外されているものを書いた方が早いか。
Users\Default\AppData
%USERPROFILE%Appdata
が対象になってないだけです。

なので、例えばデスクトップフォルダをファイルのダウンロード場所や作業ファイルの一時保存場所として利用している場合、それらのインデックスが勝手に作成されてしまいますが、そんなインデックス必要ないことが多いので、デスクトップフォルダは「インデックスのオプション」からインデックス情報作成の対象から外した方がいいかも。

関連記事
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索