スタートアップに登録したアプリケーションの起動が遅い

スタートアップに登録したアプリケーションの起動が遅い

なんか同じSSD使ってほとんど同じ環境を作ってるのに、Windows7とWindows8とを比べると、Windows8のようこそ画面からあとの起動速度がやたら遅い気がするんです。
起動直後にパスワード入力しなくちゃならないテキスト入力支援ソフトがあって、とっととその入力をしたいのに、なんかWindows8だけイライラさせられて困ってます。



~テンプレ~

Windows8ではシステムの起動を優先させ、スタートアップに登録されているアプリケーションの起動プロセスには遅延時間が設けられています。スタートアップに登録しているアプリケーションが完全起動するまでに時間がかかるのはこのためです。

レジストリを直接編集することで、この遅延時間をなくすことができます。
WindowsキーとRキーを同時に押下し、開く「ファイル名を指定して実行」で
regedit
と半角で入力してEnterキーを押下します。
レジストリエディタが起動しますので、下記のキーをたどります。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\
Explorerキーの下層に
Serialize
という名前でキーを新規作成します。

Serializeキーをダブルクリックし、右ペインの空いている空間で右クリック→新規→DWORD値とたどります。
できた値の名前を
StartupDelayInMSec
とリネームします。
値のデータが「0」になっていることを確認します。
この値のデータが遅延時間になります。
「0」のままにすることで、常駐アプリの起動遅延を抑制できます。



※試したけど、速くなったとしてもそりゃ誤差の範囲ですわ。明確に体感できるほどは速くなりません。

関連記事
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索