desktop.iniが悪さしよる

desktop.iniが悪さしよる

Windows8ね。

ひとつめ
パソコン起動直後にdesktop.iniがメモ帳で開かれます
デスクトップの壁紙を変更したとか、フォルダのカスタマイズをした記憶はあるのですが、その直後からこうなったのかどうかまではよく覚えてません。


~テンプレ~

●コンピューターを起動するとメモ帳が起動して "[.ShellClassInfo] LocalizedResourceName=@%SystemRoot%\System32\Shell32.dll,-21787" という文字が表示される
http://support.microsoft.com/kb/330132/ja
によると、
ドライブ:\Documents and Settings\All Users\スタート メニュー\プログラム\スタートアップ
ドライブ:\Documents and Settings\All Users\スタート メニュー\プログラム
ドライブ:\Documents and Settings\All Users\スタート メニュー
などのフォルダに対してフォルダアイコンの変更などのカスタマイズを行った場合に、スタートアップにdesktop.iniが登録されることがあるそうな。
Windows+Rなどで「ファイル名を指定して実行」を起動→半角で"msconfig"とタイプしてEnterキー押下→開く「システム構成ユーティリティ」の「スタートアップ」タブ内に"desktop"という項目が作られます。複数存在することもあります。チェックを外せば症状は治まります。
チェックを外すだけでは項目が残るのでキモチワルイというならレジストリを直接編集します。
HKEY_CURRENT_USER
 \SOFTWARE
  \Microsoft
   \Shared Tools
    \MSConfig
      \startupreg ←
ここにレジストリのスタートアップ項目で非チェック項目が記述されます。
記述そのものを削除すれば項目もなくなります。







ふたつめ
DVDへの書き込みを失敗したみたいです。
書き込んだつもりのディスクをドライブに入れたのですが中を見ることができませんでした。
しかしその直後から、「ディスクに書き込む準備ができたファイル(1)」とうバルーンメッセージが湧いてきました。
見るとファイル名は「desktop」で、それをダブルクリックで開くと、メモ帳が起動し、中には
[.ShellClassInfo]
LocalizedResourceName=@%SystemRoot%\system32\shell32.dll,-21815
と書かれていました。こんなもの作った覚えはなくちょっとキモチワルイです。つわりでしょうか。基礎体温は測っていたのですが、実はその基礎体温の意味をよくわかってなくて、ケモノのように子作りしまくってしまいました。

~テンプレ~

前回書き込んだとき、書き込む画像のエクスプローラ上の表示法を変更したりしませんでしたか?
そのときdesktop.iniというファイルが作成されますが、それは

http://www.fmworld.net/cs/azbyclub/qanavi/jsp/qacontents.jsp?rid=421&PID=6707-9892
で解説されている方法で消せると思います。
一時書き込みフォルダは
「ファイル名を指定して実行」で
%localappdata%\Microsoft\Windows\Burn\Burn
でも開きます。

次も作成されないようにするには、
http://www.mydigitallife.info/desktop-ini-file-in-windows-7-cddvd-rw-drive-ready-to-be-written-to-the-disc/
にあるように「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」にチェックを入れた状態で書き込みに関する操作をすることでしょう。

子作りのことは知らん。




よいお年を。

関連記事
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索