チャームバーなど表示させたくないのだ

チャームバーなど表示させたくないのだ

●チャームバーを表示させたい
http://menushowdelay.blog.fc2.com/blog-entry-2709.html
とは逆で今度は表示させたくない人向け。


画面右上と右下でマウスカーソルをうろうろさせるとにょろっと出てくるチャームバー。どやら右上部でマウスを上から下に動かした場合”と“右下部で上から下に動かした場合”にチャームが表示されるようです。
画面左上のにはタスクサムネイルってやつが待ってる。
もうワナ張ってるとしか思えない。


Windows8 Windows Embedded 8のみに有効
WindowsキーとRキーを同時に押下し、開く「ファイル名を指定して実行」で
regedit
と半角で入力してEnterキーを押下します。
レジストリエディタが起動しますので、下記のキーをたどります。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\ImmersiveShell
このキーの下層に新規に「EdgeUI」という名前でキーを作成します。

「EdgeUI」キーを選択した状態で右ペインの空いている空間を右クリック→「新規作成」→「DWORD値」とたどり、
DisableCharmsHint

DisableTLcorner
という名称のエントリを作成します。
両方とも値のデータとして「1」を設定します。

DisableCharmsHint は画面の右上と右下にポインタがあるときのチャームバーの表示のオンオフを担当します。
DisableTLcorner は画面の左上にポインタがあるときのタスクサムネイルの表示のオンオフを担当します。
値のデータを「0」とすれば従来通りに動作します。

ログオンしなおさなくても記述の直後に設定は有効になるはずですが、念のため再起動したほうがいいかも。

Windows8でもWindows8.1でもこのレジストリの記述だと、右上のチャーム表示は抑制できますが、右下のチャームは表示されるままです。
どうやらWindows Embedded 8のみでしか有効に動作しないようです。






Windows8.1になると「マウスオーバーでチャームバーを表示させない」という設定ができるようになりました。
Windows+Cでチャームを表示させ、「設定」→「PC設定の選択」→「PCとデバイス」→「画面の操作」とたどります。
ウインドウ右側の「画面隅でのナビゲーション」という項目で「右上隅をポイントしたときにチャームを表示する」と「左上隅をクリックしたときに、最近使ったアプリに切り替える」をオフにします。

他の設定法もあります。
タスクバーの空いている空間を右クリック→「プロパティ」→「ナビゲーション」タブをひらきます。
「画面隅でのナビゲーション」の項目に同じ設定項目があります。
…ってか、右下のチャームは野放しなんだよなぁ。

関連記事
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索