Office2013、64bitから32bitに乗り換えられないぞ

Office2013、64bitから32bitに乗り換えられないぞ


64bit版のWindows8.1を使ってますが、Officeも当然64bit版をインストールするものだと思い込んでました。

ところが、32bit版Excelで作ったマクロでのActiveX コントロールが動作しないという壁にぶち当たり、見つけたのがこのサイト
●Office2010(2013)をインストール時は32bit版をインストールすべき!
http://plus-sys.jugem.jp/?eid=310

ところが…
64bit版をアンインストールして32bit版をインストールしようとしたときに言われたんです。
「次の64ビットバージョンのOfficeプログラムがインストールされているため、32ビットバージョンのOffice はインストールできません: Office 15 Click-to-Run Extensibility Component」
何言ってんのかよくわかんない。

「Office 15 Click-to-Run Extensibility Component」ってのを検索して見つけたのが
http://www.learningsharepoint.com/2012/12/14/uninstall-office15-click-to-run-extensibility-component/
もう何言ってんのかわかんない以前に英語わかんねーよちくしょーめ。

~テンプレ~

WindowsキーとRキーを同時に押下し、開く「ファイル名を指定して実行」で
regedit
と半角で入力してEnterキーを押下します。
レジストリエディタが起動しますので、下記のキーをたどります。
HKEY_CLASSES_ROOT\Installer\Products
その下層にある「0000・・・」で始まるキーを選択して右ペインを確認します。
ProductName
という値が存在し、その値をダブルクリックしたときに表示される「値のデータ」が
Office 15 Click-to-Run Extensibility Component
となっているものがあれば「0000・・・」で始まるキーごとそれを全部削除します。
これでエラーが出ることなく32bit版のOfficeがインストールできるはずです。

関連記事
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索