Excelファイルをカンタンに別プロセスで開きたいのだ

Excelファイルをカンタンに別プロセスで開きたいのだ

Windows7でExcel2010を使っておる。
デュアルディスプレイにして左右のディスプレイでこっちのExcelとあっちのExcelという風に使いたいのだ。
今まではExcelを開いている最中にスタートメニューにあるExcelへのアドバタイズショートカットをダブルクリックすれば別プロセスでExcelが起動するから、そのウインドウ内に後から必要なExcelファイルをドラッグ&ドロップする…という手順を採っていたのが、最近ちょっとめんどくさくなってきた。
もちろん別プロセスだから両方のExcel間でコピーができなかったり片方のマクロはもう片方で動作させることができなかったりするのは百も承知である。

Windowsエクスプローラ上に表示されるExcelファイルの右クリックメニューに「別プロセスのExcelで開く(w)」とかがあるとウレシイのだが。

~テンプレ~

あ、できるよ。
WindowsキーとRキーを同時に押下し、開く「ファイル名を指定して実行」で
regedit
と半角で入力してEnterキーを押下します。
レジストリエディタが起動しますので、下記のキーをたどります。
HKEY_CLASSES_ROOT\Excel.Sheet.12.\shell
このキーの下層に新たなキーを作成します。キーの名前は何でも構いません。
仮に「AnotherExcel」とでもします。
HKEY_CLASSES_ROOT\Excel.Sheet.12\shell\AnotherExcel
で、このAnotherExcelキーを選択した状態で右ペインの(既定)エントリの値のデータをWindowsエクスプローラの右クリックメニューで表示させたい文字列に修正します。
質問の例だと
別プロセスのExcelで開く(&W)
とします。

次。
HKEY_CLASSES_ROOT\Excel.Sheet.12\shell\AnotherExcel
の下層にさらにまたキーを作成します。
キーの名前を「command」とし、そのcommandキーを選択したときの(既定)エントリの値のデータをExcelのフルパスに「 "%1"」を追記したものにします。
こんな感じ。
"C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office14\EXCEL.exe" "%1"

で、*.xlsにも対応させるには「Excel.Sheet.8」キー以下について、*.xlsmにも対応させるなら「Excel.SheetMacroEnabled.12」キー以下に同様の記述を書き加えることでOKです。



Art007_2015041018194500f.png



http://menushowdelay.blog.fc2.com/blog-entry-2636.html
関連記事

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索