レジストリの全体バックアップは無意味なんすか?

レジストリの全体バックアップは無意味なんすか?

そりゃ確かに不必要なものまでバックアップされることになるでしょうから、無駄な肥大化を産むことはあるかも知れませんけど、最近のHDDやメモリの容量とかOSの能力とかを考えても、多少の肥大化は体感できないと思うんですけど。
Windows7 Proを使ってますけど。

~テンプレ~

いや、そういうこっちゃなくて、WindowsXPまでは全部のレジストリキーの所有者はAdministratorグループだったので、バックアップしたレジストリキーはみんな管理者権限を用いればインポート可能だったんですが、Vista以降は一部のレジストリキーの所有者がTrustedInstallerってヤツに設定されちゃってます。
これはXPの頃にマルウェアによりシステムに直結するレジストリエントリを改ざんされることがあったことに対するセキュリティ上の仕様変更のようです。
このおかげで、レジストリ全体をバックアップすることはできても、それをインポートしようとすると「****.regをインポートできません。データの一部をレジストリに書き込むことができませんでした。・・・・」といったメッセージが表示されて動作が止まってしまいます。
reji02.png

よし、ならば戦争だ。
とセーフモードで同じことをやろうとしてもダメです。たしかメッセージはちょっと違った内容になったんじゃないかと思いますが、とにかくダメです。

なので、環境をインポートして書き戻すことを目的としたバックアップは無意味になりました。ただ、バックアップそのものはできますので、各世代でのエントリの差異をテキストエディタ上で比較するなどの使い方なら十分可能でしょう。

関連記事
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索