Windows8の設定が同期されなくなった/いやむしろ同期されなくて良い

Windows8の設定が同期されなくなった/いやむしろ同期されなくて良い

■Windows8の設定が同期されなくなった!
http://tmyt.hateblo.jp/entry/20130504/1367642131

イベントログを確認します。そして、こんなログが出ていれば今回の手順で復帰できます。

SettingSyncHost (2364) {0BF89679-FAE9-486A-931A-B105D2BF586E}: Unable to read the header of logfile C:\Users\***\AppData\Local\Microsoft\Windows\SettingSync\metastore\edb00006.log. Error -530.
SettingSyncHost (2364) {0BF89679-FAE9-486A-931A-B105D2BF586E}: Database recovery/restore failed with unexpected error -530.
設定の同期に使うデータベースがどうやら壊れているようです。復旧手順です。

同期の設定をいったんOffにします
Win+Rで次のパスをひらきます。 %LocalAppData%\Microsoft\Windows\SettingSync\
metastore というディレクトリがあるので削除します
同期の設定を再度有効にします
これで、しばらくすると同期が始まります。



Windows MediaPrayerの表示のトラブルとかWindowsUpdateで同じ更新が毎回ダウンロードされるとかのトラブルの親戚。
設定の同期に使うデータベースがぶっ壊れているようなので、いったんそのデータベースを削除して再作成させるというのが解決法らしいです。

じゃあ…
最初から同期させないとか、パスワードについては同期させたくないなどの場合は、データベースをいじくらないとならんのかっていうとそうでもなくて、ちゃんと設定できる場所が用意されてます。

~テンプレ~

Windows8はモダンUI周りの設定を同じMicrosoftアカウントを使ってサインインしているパソコン間で同期する機能を持っています。
同期はタスクスケジューラに登録された「BackgroundUploadTask」というジョブが自動で行われます。
同期の設定はWindows8.1ではWindows+I→PC設定の変更→「OneDrive」→「同期の設定」(Windows8なら「PC設定」→「PC設定の同期」)で選択が可能です。
ってーか、なんでこういう設定項目をコントロールパネルとそうじゃない場所とで分けるんでしょう。混乱するだけじゃねーかよ。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\SettingSync\Groups
の下層にある各キーがパーソナル設定やデスクトップの個人設定などの各同期項目に対応してますけど、レジストリなんかいじらなくてもGUIで設定できるからどうでもいいですね。

さらにどうでもいいのが同期設定の無効化。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\SettingSync
の右ペインに「DisableApplicationSettingSync」というDWORDエントリを作成して値のデータを「2」に設定。
さらに「DisableApplicationSettingsyncUserOverride」というDWORDエントリを作成して値のデータを「1」に設定すれば、「PC設定の同期」に制限が設けられ、「アプリの設定」がグレーアウトして変更できなくなります。
でもこんなの同じ自分のMicrosoftアカウントを利用した自分のパソコンなんですから、自分で管理できなきゃオカシイので、わざわざこんなエントリ作る人はいないような気がします。

関連記事
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索