Windows8ではPictureManagerとペイントで画像の向きが90度異なる

Windows8ではPictureManagerとペイントで画像の向きが90度異なる

Windows7からWindows8に乗り換えて使ってます。
Officeは以前のまま2010です。
Windows8エクスプローラでデジカメから取り込んだ画像を特大アイコン表示にすると、きちんと縦横が人間が見て正しい向きになります。付属のペイントでそれを開いても正しい向きになります。
ところがOffice2010付属のPictureManagerでその画像を開くと、縦長の画像はすべて縦横が90度回転して表示されてしまいます
常に正しい表示になるような設定はありませんか。

~テンプレ~

ありません。
Windows7まではWindowsエクスプローラ上はどの画像も画像の上辺と左辺がカメラの上辺と左辺に合致するように表示されていましたが、Windows8からは2010年以降のデジタルスチルカメラ用画像ファイルフォーマット規格、EXIFの画像方向タグを反映させた表示に変わりました。付属のペイントもそれに準じる作りになったそうです。
しかし、Office2010付属のPictureManagerはWindows7の頃の仕様のままですのでそういった差異が生まれます。
EXIF情報を書き換えるようなツールを使って一つずつ変更するしかなさそうです。

http://freesoft-100.com/pasokon/exif.html



ってか、Windows8使いはwebにアップすると、きちんと表示されるのか90度回転されて表示されるのかいちいちExif情報を確かめないとアカンっちゅう不便さがあるなぁ。



関連記事
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索