コントロールパネルの特定の機能の特定のタブをすぐに開きたい

コントロールパネルの特定の機能の特定のタブをすぐに開きたい

Windows8.1です。
職場と自宅とで使うマウスが違うんです。
中央のスクロールボタンでのぐりぐりでスクロールされる大きさというか速さが違うため、自宅や職場でその日初めて開く時にWindows+「I」キーで設定チャームを開き→「コントロールパネル」→「コンピューターの簡単操作」→「マウスの動作の変更」→「マウス設定」→開く「マウスのプロパティ」の「ホイール」タブ…もう書くだけで気が遠くなります。
なんかこのホイールタブを一撃で開くためのショートカットとかありませんか?


~テンプレ~

Windows+Rで開く「ファイル名を指定して実行」で
Shell ("RUNDLL32.EXE SHELL32.DLL,Control_RunDLL Main.cpl")

rundll32.exe shell32.dll,Control_RunDLL main.cpl

control mouse
を実行すると「マウスのプロパティ」が開きます。

1.png

で、タブは4つめですから
rundll32.exe shell32.dll,Control_RunDLL main.cpl,,3
のように、後ろに2連のカンマと0から始まるタブの番号を追記して実行すれば開きます。

ただ、これはそのパスを知ってるからできることで、知らない場合はどうすればいいかっつーと……


タスクマネージャを使います。
最初にタスクマネージャを起動し、上部の「名前」や「状態」と書かれている部分を右クリック→「コマンドライン」にチェックを入れます。

2.png

これで、動作しているプロセスがわかるようになります。


この状態でマウスのプロパティを開き、4番目のタブを選択します。
タスクマネージャ上でプロセスが増える変化があるはずですが、たくさんのプロセスが動作している環境ではそれを見つけるのは至難の業かもしれません。
が、たいていは「Windows ホスト プロセス(Rundll32.dll)」のはずですので、増えたそいつのコマンドラインを確認します。
念のため、確認できたコマンドラインの文字列をそのままコピーして「ファイル名を指定して実行」で実行してみましょ。

3.png


※タスクマネージャよりも高機能なツールもあります。下図はプロセスエクスプローラで調べたときの図です。
このツール、現在動作しているプロセスの親子関係を階層表示できるなどの機能をもつ高機能なタスクマネージャです。

4.png



さて、プロセスを確認できたら、そのプロセスへのショートカットアイコンを作成します。
最終的に「Ctrl+Alt+P」などのショートカットキーでそのプロセスを開きたいので、ショートカットアイコンはデスクトップかスタートメニュー以下に保存します。Windows8にはスタートボタンからたどれるスタートメニューはありませんが、Windowsエクスプローラ内にはしっかりと用意されています。
パスは
C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu
になります。

ここではデスクトップに作成してみます。
デスクトップの空いている空間を右クリック→「新規作成」→「ショートカット」とたどります。
先ほど特定したコマンドラインの文字列のコピーをそのまま入力します。

87854.jpg

作成されるのはショートカットにすぎませんので、わかりやすい好みの名前を付けて保存してください。
ここでは「スクロール幅」と名付けました。
その後、できたショートカットアイコンを右クリック→「プロパティ」とたどり、ショートカットキーを設定します。

87853.jpg


このショートカットキーを覚えておくなら、スタートメニュー以下のフォルダにこのショートカットを移動すれば、デスクトップ上のアイコンの数も抑えられるでしょう。好みですけど。






サンタさんは今…(Google)
関連記事
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索