「初期状態に戻すことができるでしょうか」

「初期状態に戻すことができるでしょうか」

その1とか、なんかシリーズ物らしいので覚え。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/9127407.html

Windows 8.1 Proです。

内蔵HDDの最後のパーティションが回復パーティションになっており、そこにWindows 8.1 Proが収録されており、この回復パーティションを用いて次のAの「すべてを削除して Windows を再インストールする」の項の方法でこのノートパソコンのWindows 8.1 Proを初期状態(インストール直後の状態)に戻すことができます。
A. http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-8/res

回復ドライブはUSBメモリ内に作成した方が手軽だと思うのですが、USBメモリは環境の影響を受けやすくてデータの保持期間が極端に短くなることがあるらしいです(例えば、次のBの「保持期間」の項)。
B. https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9

それで、念のためにHDDにも回復ドライブを残しておきたいと思い、次のCの方法でUSB接続の外付けHDD(これを「HDD1」と言うことにします)に回復ドライブを作成しました。
C. http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-8/cre

別のUSB接続の外付けHDD(これを「HDD2」と言うことにします)をこのノートパソコンに接続した場合、次の(1)~(3)はできるでしょうか。

(1) HDD 2の第1パーティションを32GBにして、これを適当なアプリケーションを用いてFAT32でフォーマットして、HDD1の「回復ドライブ」内のフォルダ、ファイルをHDD 2の第1パーティションにコピーして、コピーしたHDD2内のフォルダ、ファイルを用いてこのノートパソコンのWindows 8.1 Proを初期状態に戻すことができるでしょうか。

(2) HDD 2の第1パーティションを32GBにして、これをNTFSでフォーマットして、HDD1の「回復ドライブ」内のフォルダ、ファイルをHDD 2の第1パーティションにコピーして、コピーしたHDD2内のフォルダ、ファイルを用いてこのノートパソコンのWindows 8.1 Proを初期状態に戻すことができるでしょうか。

(3) HDD 2の第1パーティションを1TBにして、これをNTFSでフォーマットして、HDD1の「回復ドライブ」内のフォルダ、ファイルをHDD 2の第1パーティションにコピーして、コピーしたHDD2内のフォルダ、ファイルを用いてこのノートパソコンのWindows 8.1 Proを初期状態に戻すことができるでしょうか。



デタラメ怪答者に目を付けられたみたいなので、フィルタをかけて普通の回答だけを記す。

#2 air_supply 氏の回答

まず、32GBのUSBフラッシュメモリを使って回復ドライブを作成しました。それを、クローンソフトウエアを使い、WD 2TBのHDDにコピーします。このHDDを使って、USB2.0で接続でブートできるかどうかを確認したところ、ブートできました。

(1) は、上記の状態から可能と思われます。第1パーティションに回復ドライブで32GB、それ以外は第2パーティションでNTFSでフォーマットし、そこにシステムのイメージバックアップを転送しました。それで、回復ドライブから起動し、システムの上書きができるかどうかを試したところ、できそうでした。

※尚、イメージバックアップを初期状態としています。トラブルシューティングの項で、「PCリフレッシュ」、「PCを初期状態に戻す」、「詳細オプション」で選択できます。詳細オプションでは、「システムの復元」、「イメージでシステム回復」、「スタートアップ修復」、「コマンドプロンプト」が選択できます。今回は、イメージでシステム回復を選択しています。

(2) は、(1)のFAT32をNTFSに変換して起動をトライしました。が、これも回復ドライブから起動が可能で、(1)と同様にシステムのイメージバックアップをリストアできそうでした。

(3) は、(2)をフリーソフトウエアで1TBに拡張し、残りを第2パーティションとしてNTFSでフォーマット、そこにシステムのイメージバックアップを作成しました。保存先に回復ドライブは出てきません。また、システム・意マージバックアップを第1パーティションにコピーしようとしましたが、拒否されました。仕方なく、そのまま起動して、イメージバックアップをリストアしようとしたところ、かのうのようでした。

結論、HDDに回復ドライブをコピーして使うことは可能で、フォーマットはNTFSにしても可。ただし、クローンでのコピーです。HDDの容量は後で変えても大丈夫ですが、回復ドライブには他のファイルはコピーできないようです。以上は、Windows8.1の環境でした。

また、USBフラッシュメモリは、"B" に書かれているように保持期間がありますが、回復ドライブ自体はパソコンを起動するためだけですので、数年に一度作成しておけば良いので、それほど拘る必要はないような気がします。回復ドライブは、容量も3.62GB程度ですから、余裕を見て8GB程度のUSBフラッシュメモリで構わないようです。



#4 追加回答

ANo.2です。

申し訳有りません。タイプミスがありました。
誤:また、システム・意マージバックアップを第1パーティションに
正:また、システム・イメージバックアップを第1パーティションに

誤:イメージバックアップをリストアしようとしたところ、かのうのようでした。
正:イメージバックアップをリストアしようとしたところ、可能のようでした。

ついでに、回復ドライブを "回復ドライブは、容量も3.62GB程度ですから、余裕を見て8GB程度のUSBフラッシュメモリで構わないようです。" と書きましたが、実際に消費した容量は 307MB しか有りませんでした。何を見たんだろう? 良く考えてみたら、システム修復ディスクはCD-R 1枚ですむので、512MBのUSBフラッシュメモリでも大丈夫なんですね。

HDDで回復ドライブを作成する際には、32GBでなくても大丈夫ではないでしょうか。CD 1枚分でも程度でも十分でしょう。また、コピーでは駄目で、必ずクローンが必要です。ファイルのコピーではコピーできない部分があるようです。これは、FAT32でもNTFSでもコピーでは起動できませんでした。

以上、すべて実際にUSBフラッシュメモリと2TBのHDDを使用して実験してみました。FAT32だけでなくNTFSでもブートできたのは、驚きでした。これで、USB2.0(USB3.0はまだブートでできないようです)接続のHDDで、回復ドライブよりブートし、保存しておいたイメージバックアップでリストアできるようです(実際にリストアは行いませんでしたが、実行すればリストアできたでしょう)。ただ、複数のイメージバックアップを収納するためには、フォルダ名を変えないとバッティングしてしまいますね。




#1、#3、邪魔。


サンタさんは今…(Google)



その2はこっち。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/9127408.html

関連記事

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索