Windows7のエクスプローラの自動再起動を抑制したい

Windows7のエクスプローラの自動再起動を抑制したい

Vistaでも7でも、Windowsエクスプローラ(explorer.exe)がハングアップしたときは勝手にこのプログラムを再起動するようになってます。
そのときその瞬間のデータまでもが消え去ったり書き換えられたりすることもあるでしょうから、この勝手な再起動だけを抑制したいのですが。

~テンプレ~

Windows+Rキーなどで「ファイル名を指定して実行」を起動し、半角で「regedit」と入力してEnterキーを押下し、「レジストリエディタ」を起動します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon
とたどり、右のペインにある
AutoRestartShell
というエントリの値のデータが「1」になっているのを「0」に設定し直します。
これで、勝手に再起動してしまうことはなくなります。
Vistaのフォルダオプションには、あらかじめ「別プロセスでフォルダウィンドウを開く」という項目があります。DWORD値を使ったチューンに「DesktopProsess」を設定しても、意味がありませんよーだ。

※タスクマネージャの「プロセス」タブにあるexplorer.exeを終了した場合、同機能が有効になっていてもエクスプローラは自動再起動されず、手動で再起動させる必要があります。

関連記事
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索