いつの間にか梅雨が明けてました

いつの間にか梅雨が明けてました

今年も焼けたアスファルトの上で生きのいいミミズがのたくっているのを見つける季節になりました。

JugendlichesDornauge.jpg
いや、この子はクーリーローチ。ドジョウの仲間の熱帯魚です。水槽内が真っ暗になるまでソイルの中に身を潜めてるヤツで、何のために飼ってるのかさっぱりわからなくなるヤツです。でも赤虫は好きなようで、えさやりの時にたまーに目にすることができます。かわいいです。



さて閑話休題。
この炎天下の乾いたアスファルトの上になぜ生きのいいミミズがのたくって鳥に食われることもなく干からびてしまう理由には諸説あるそうで、OKWAVEや教えて!goo、Yahoo!知恵袋などで何度も質問されています。

何となく納得できたのがこれ
■なぜミミズは自殺するのか?それを鳥も食わないのはなぜ?
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/5147487.html
なるほどコウガイヒルに襲われて…ですか。
雨による酸欠で表層まで出てきたという説は何度か目にしたことがありますが、それこそ土の上にさえ出れば問題は解決され、その後はミミズがもつ負の走光性だったか正の走地性でまた地面に潜ってしまうはずだと思ってましたが、敵に襲われたというのなら話は別。納得できました。


今日見つけたのがこんな説。
■ミミズの大量出現のなぞ を考え調べる
http://www.geocities.jp/at_mocha/mimizu/mimizu04-00.htm
く、詳しい。やたら詳しい。
ミミズの種類や生息域によって行動が違うというお話にも納得させられたけど、月が関係するなんてカケラも考えつかんかった。

夏休みの自由研究に是非(やだよ)。





関連記事
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索