そこそこ高スペックパソコンなのにディスク使用率99%で動作が重すぎる

そこそこ高スペックパソコンなのにディスク使用率99%で動作が重すぎる

もともとWindows8.1です。Core i7の第5世代とはいえ最上位だし、当時はまだ高価だった240GBのSSDを選択して、グラフィックだってショップが勧めるままのモノを使ったゲーミング仕様ですわ。
で、言われるままWindows10にアップグレードしたんです。
まあ8.1が快適に動作するなら10だって同じだろうってことで。
でもまあ環境新しくして心機一転なんでメモリも増設したんですよ。8GB→16GBに。
Windows10にした直後ってわけじゃないと思うんですけど、最近どうも動作が重い。
重い原因を調べようと思ってタスクマネージャを見てみたらディスクの使用率がなんと99%ですわ。
CPUは2%~5%でメモリは15%くらいかな。その状態なのにディスクだけが99%。やたら重い。
なんで?

~テンプレ~

仮想メモリの設定を見直してみましょう。
スタートボタン右クリック→システム→開く「システム」のウインドウの左側にある「システムの詳細設定」をクリック。
開く「システムのプロパティ」の「詳細設定」タブの「パフォーマンス」の項の「設定」ボタンをクリック。
開く「パフォーマンスオプション」の「詳細設定」タブの「仮想メモリ」の項目の「変更」ボタンをクリック。
ここでひょっとしてメモリ増設前の設定がそのまま残っていたら設定をし直します。
「システム管理サイズ」になっていたたら手動で「カスタムサイズ」を設定します。
初期サイズはメモリ容量そのまま。最大サイズはその1.5~2倍くらい。
ドライブ容量に余裕があるなら初期サイズも最大サイズもメモリの2倍くらいの同じ数値を入れてしまいましょう。
設定が済んだらパソコンを再起動します。

関連記事
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索