Windows10ではOneDriveの仕様が変わってやがった

Windows10ではOneDriveの仕様が変わってやがった

Windows8.1からWindows10にUpdateして使用してます。
もともと128GBしかないSSDなので空き容量には気を遣っていたつもりだったんですが、気づいたら10GBも空き容量が減ってるんです。
犯人はOneDrive。
Windows8.1では、OneDriveのフォルダーを開くと、クラウド上にあるファイルやフォルダーが表示されますが、表示されているのはあくまでもカタログみたいなもので、実際のデータは必要になるまでダウンロードしないスマートファイルという機能があったはず。右クリックすればWindows8.1ならあったはずの「オンラインのみ」とか「オフラインで使用」などの項目がWindows10ではなくなってて、一気に全部がローカルにダウンロードされてます。
なんだこれ?

~テンプレ~

仕様変更があったようです。
あのスマートファイルって機能のみがDropBoxやSugarSyncに勝る部分だったはずなのに。

でもいままで構築したものをなくすわけにもいかないので、対処法を考えねばなりません。
うーん、うーん、うーん……
ブラウザ経由で接続するのは面倒くさいし、せっかくWindowsエクスプローラで表示されてるのを利用できなくするのももったいないので、結局『ネットワークの場所 として設定する』くらいしかなさそう。

ご自分のOneDriveにブラウザでアクセス。
そのときのURLの末尾部分の16文字の大文字英数字をφ(..)メモメモ
20101.jpg

その後Windowsエクスプローラ上で「コンピューター」タブから「ネットワークの場所の追加」を選択。
20160920.png

tgbnhy2.png


tgbnhy3.png

ここで、テキストボックスには
https://d.docs.live.net/<最初にメモした16文字の英数字>
を入力すればOKです。




※あ、ネットワークドライブとしても設定できるのね。
https://r2.ag/windows-10-onedrive-as-network-drive/

※確かにWindowsエクスプローラからWebDAV も見ることはできるけど、おぢさんにはめんどくさすぎ。




関連記事
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索