UEFIのCステートってなんだよ?

UEFIのCステートってなんだよ?

UEFIセットアップで省電力機能を設定するとき、アイドル状態でどこまでの回路を休ませるかってのがCステート。
Cのあとに続く数値が大きいと、休ませる回路の数が増え、省電力の効果が高まることになる。
ただし、使用している電源が対応していないとならないんだそうな。

C0 通常の通電状態
C1 動作停止
C1E クロックとCPUコアの電圧を下げる
C2 よく知らない。
C3 1次キャッシュと2次キャッシュのデータを退避して、コアへのクロック供給を停止する
C6 コアの状態を保存、ベースクロック供給の停止
C7 3次キャッシュのデータを退避(ただし一部だけ)したあと3次キャッシュへの電力の供給を止める。
C8 C7の完全版。

これら、UEFIの設定画面では無効になっていることが多い。これを明示的に「Enabled」と設定してやることでアイドル時の電力を下げることができる。


とりあえず、φ(..)メモメモ

関連記事
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索