FC2ブログ
 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

Excelの「セキュリティの確認」ダイアログが嫌いです

Excelの「セキュリティの確認」ダイアログが嫌いです

はじめに、私はかなりのビビリです。

他人が作ったxlsファイルを開くときにこの警告ダイアログボックスが出ることがあります。
ダイアログからは業務上必要なマクロが記述されているだけなのかどうかは判断できませんし、前回開いたことがあったとしても今回も同じマクロかどうかの判断もできません。
わたし、マクロウィルス対策としてOfficeがデフォルトでマクロを有効にしなくなったという推移を知らない世代です。そのせいにするつもりはありませんが、数年前に「セキュリティ上の理由で ”保護された文書” に設定されており解除するためにマクロを有効にして…」というコトバに騙されて、自宅パソコンにダウンローダー型トロイの木馬を侵入させてしまったことがあるんです。
つまり、そのダイアログが表示されると、作成者本人などからそのブックは安全であるというお墨付きをいただかないと怖くて開くことができません。
ものごっつ非効率です。

~テンプレ~

マクロをアドインとして使用しましょう。
アドインはセキュリティの設定が「最高」であったとしても警告無しで実行されます。アドインとして登録するときに安全なものだとして処理されているからです。

手順は、データを保存してあるブックと、マクロが記述されているブックを分けます。
このマクロが記述されているブックをアドインとして保存し、使用するはずのユーザーに配布します。
アドインとしての保存は保存時に「ファイルの種類」ドロップダウンリストボックスから「Microsoft Office Excelアドイン(*.xla)」とか「Excelアドイン(*.xlam)」を選択します。このとき保存先は自動で
%Appdata%\Microsoft\AddIns 
になります。
このアドインを使用するには、できあがったファイルをユーザーに配布し、そのユーザーのAddInsフォルダに保存してもらい、メニューの「ツール」→「アドイン」やリボンの「ファイル]タブ→「オプション]」をクリックして、「アドイン」カテゴリ→「管理]」ボックスの一覧の 「Excel アドイン]」→「設定」とたどり、アドインダイアログを表示させ、
有効にするアドインの横のチェック ボックスをオンにして、[OK] ボタンをクリックします。

アドイン登録したマクロは「マクロ」ダイアログボックスには表示されません。
しかし、「マクロ名」欄に直接マクロ名を入力することで実行可能です。でもそれじゃめんどくさいので、「AddInInstall」イベントを利用してツールバーを追加し、アドインの登録を外すときには「AddInUninstall」イベントを使ってツールバーを削除するようにしておけばいいでしょう。 

関連記事
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。